カニ日記

息子のことを中心とした

君が生まれた日私はお昼にハヤシライス大盛りを食べた

11月6日(月)晴れ
サイと同じくらいに目が覚めたがいつもより少し早かったので布団の中でごろごろして微睡んでいた。この時間が一番好き。パスコの米粉パンとマスカット、ヨーグルト、チーズ。この米粉パンはトーストするともちもちして美味しいけれどあまり売っていない。サイは米粉パンがあまり好きでないのか牛乳に浸して食べずに皿に放置していた。こういう時叱るべきだろうけど朝から怒る気力がない。
月曜日は荷物が多い。シーツを付けてぎりぎりの電車に飛び乗った。

お昼。ピアニストでもあるパン美人にサイの誕生日プレゼントにするピアノのことを相談する。ピアノといっても本格的なものは買えないので電子キーボードだけど。ヤマハのキーボードがピアノにより近いタッチの鍵盤と謳われていて、デザインもシンプルで良さそうだった。ところで誰が教えるのだろうか。私は楽譜が読めないし「さいたさいた」さえまともに弾けるか怪しい。

夕方お迎え。昼寝の時にズボンを濡らしたらしく、今朝返したばかりのマルホのズボンを履いていた。マルホとは保育園の貸し出し用服のこと。置いてある着替えが足りなくなった時に貸してもらう。○の中に保とマジックで書いてあるので先生もマルホと呼んでいる。マルホの服は誰かのお古らしく、何故かヤンキーテイストの主張が激しい服が多い。借りているので文句を言える立場ではないが、肩に厳つい入れ墨のデザインがプリントされたTシャツとか、虎の柄とか、謎の英文とか、とにかくサイがそれを着ているのを見るといつもぎょっとする。シーツも濡れたので一式お持ち帰り。あー今朝つけたばかりなのに。

帰宅。くたくた。ソーセージとじゃがいも炒め、出し巻卵、プチトマト、人参とえのきの味噌汁という質素な晩御飯。サイは出し巻卵が大好き。私も大好きなのでここ最近作りまくっている。我ながら美味しいと思う。お箸を使いたがったので練習用のアンパンマンのお箸を渡すと味噌汁の具と格闘していた。できて大げさに褒めると満ち足りた顔をする。夕飯の片づけをした時点で疲れはピークに達し私の目は半分閉じていた。入りたくないというサイを説得してお風呂に入り髪を乾かし歯磨きをして就寝。多分サイより早く入眠した。大したことしていないのに月曜から何でこんなに疲れているんだろう。


11月7日(火)晴れ
今朝も少し早く目が覚めた。そっと起きて珈琲でも飲もうと思ったらサイも目が覚めたのでそのまま布団でごろごろした。起きて二人で飲むヨーグルトを立ったまま一杯ずつ飲んだ。それから朝ごはん。米粉パンにハムを挟んだもの、バナナ、ヨーグルト、チーズ。私がトイレに行っている間にサイがバナナの皮を剥いていた。急に片付けをしたり、最近「俺はできるんだぞ」アピールをたまにする。ハムを挟めば食べてくれるかと思いきややっぱり食べなかったので、サイのパンも私が食べた。その代り私のバナナをあげた。

出発が遅くなったのでシーツ付けを知らない先生にしれっと頼んで了承いただき、あーよかったと思っていたら担任の先生に見られていて、「布団の部屋空いてないの?」と言われる。「時間がなくて・・」と言い訳して保育園を出た。先生の顔が怖かった。駅に着いて自転車を停める前に転倒して膝を擦りむく。タイツが破れて血が出た。あー、さっきシーツをつけず逃げたから跳ね返ってきたんだと何となく思った。

午後、展示会の様子を見に横浜へ。新宿乗り換えだったのでベルクでお昼。ランチタイムのベルクは驚くほど空いているということを初めて知った。空いているからゆっくり食べればいいのに美味しいから一気に食べて店を出た。タイツを買って履き替えてサイが欲しがっているリュックを物色。めちゃくちゃ可愛いペンギンのリュックを見つけたのに「1歳頃からお持ちになる感じです」と店員さんに言われたので辞めた。電車に揺られて横浜へ。展示会をふらふらまわって帰路についた。古本を大量に買ったので重い。でも集めているロアルド・ダールの旧訳本を見つけることができた。コツコツ集めていつか全部サイにあげるつもり。駅で崎陽軒の焼売を買おうとしたらなぜかマダムが行列していて私の前で売り切れた。売り切れた途端私の後ろのマダム達は蜘蛛の子を散らすように退散した。崎陽軒のキャラクター「ひょうちゃん」グッズに新たにぬいぐるみが加わっており、うっかり買いそうになったが正気に戻って辞めた。
帰宅して夕食、入浴、歯磨き、就寝。また倒れるように朝まで眠った。毎日たくさん寝ているのに疲れている。加齢と心的ストレスと冷えが原因だろう。


11月8日(水)曇り
朝。パン、柿、ヨーグルト。起きても暗いから夜かと思ったら曇っていただけで朝だった。午前休みのKにサイの送迎を頼む。連絡帳を書いたのか、何が要るのかまた何度も聞かれる。永遠に聞かれるだろう。サイに服を着せたら上下よれよれであまりにも可哀相な感じだったのでこないだH&Mで買った新しい服を着せようとしたら全力拒否された。なのでサイはよれよれのまま登園した。サイの送迎がなければ驚くほど早く会社に着いた。

帰宅後夕食。鶏肉甘辛煮、じゃがいもと人参の味噌汁、トマト、チーズ入り出し巻卵、ごはん。出し巻卵が一瞬で消えて魔法みたいだった。勢いよく食べていたサイに負けじと私も勢いよく食べた。Amazonで頼んだキーボードがもう届いた。パン美人の勧めるとおり61鍵盤にしたら想像より大きくて戸惑った。誕生日当日までサイには見せないことにした。入浴後、就寝。歯磨きを全力拒否される。サイは私にたくさんのぬいぐるみを抱いて寝るよう指示してきたのでそうした。


11月9日(木)快晴 風がきつい
朝。布団の上でだらだらしてから起床。パン、柿、マスカット、ヨーグルト。それから、サイの誕生日ケーキを頼んだケーキ屋さんで買ったキツネの形のパイ菓子を半分ずつ。キツネを分ける時、「ままはおかおね、さいくんはおくちね」と指示される。案の定テーブルがパイ屑だらけになる。まだ食べているサイの横で、保育園でもらう誕生日カードに貼る親からのメッセージを締切ぎりぎりにいそいそ書いていたら「なにかいているの?みせてよう」と言われる。「先生が誕生日の時にくれるからその時見てよ」と言うと「うん」と分かったようだった。こういう大人みたいなやり取りができるようになったことにしみじみする。3歳ってすごいんだな。キティちゃんを抱いて登園。

帰宅、夕食、入浴、就寝。別の部屋にキーボードを置いていたのがサイにバレてしまった。「あぁ、見ちゃった?」と聞くと「み~ちゃた~み~ちゃった~♪」とにやにやしながら歌っていた。


11月10日(金)快晴
朝。洋梨、パン、ヨーグルト。バタバタと家を出る。サイはいつも「みいつけた!」が終わり「おかあさんといっしょ」が始まると家を出る時間だと悟ってテレビの主電源を得意気に切ってくれる。

午後休を取り、退社後、個人面談のため保育園へ。担任の先生2人とサイの普段の様子を聞き、困ったことなど話す。園では着替えも自ら率先してやるらしいが家では靴下すら履いてくれないので驚いた。「甘えたいんですね」と先生。今日の誕生日会(誕生日は土曜日なので今日やってくれた)の様子を教えてもらう。クラスの子が円になってハッピバースデーの歌を歌うのを、主役のサイは円の真ん中に立ち、皆の注目を浴びて緊張した面持ちで聴いていたという。皆が歌を歌い終えると恥ずかしくなって先生の後ろに隠れていたが、誕生日インタビューが始まると前に出てきて「好きな食べ物は?」「みかん」、「好きな遊びは?」「すべりだい」とちゃんと答えていて感動した、と先生は教えてくれた。サイは好きな食べ物を尋ねられるといつも「みかん」と答えるから笑ってしまった。あとはサイの性格について教えてもらった。何でも人一倍慎重派だが、最後にはやりたがり好奇心があるとのこと。壊れかけの石橋を叩きながら最後まで渡っていくタイプだろう。私の幼少期はどうだったのだろうか。叩いて終わることも多かったような。

面談後、サイの教室を廊下から覗くとちょうど昼寝の時間が終わったところだった。サイはまだ寝ていたが先に起きた子らが私に気付くと「サイくんのおかあさん~わぁ~」と皆昼寝から起きたての腫れぼったい顔(めちゃくちゃ可愛い)で力いっぱい手を振ってくれた。普段こんな経験をすることがないので、スターってこんな気分なんだなと思った。サイも起きて私に気が付くとなんでこんな時間にいるのか分からないけど嬉しい、みたいな顔をした。「時間があったらおやつを一緒にどうぞ」と先生に言われたので教室に入るとさっき手を振ってくれた子達がわらわら集まってきて、しきりに満面の笑みで話しかけてきたり私の身体や持ち物に触れてきてスーパースター状態は続いた。サイはそれを少し離れたところから恥ずかしそうに眺めていた。そして私が近づくとサイは手を握って離さなかった。皆が手を洗っているのに私と手を繋いだまま何をするでもなくもじもじしていた。いつもおやつを勢いよく食べるらしいのに私がいることで全然食べようとしなかった。テーブルごとにご馳走様を言わなければいけないらしかったが、サイがいつまでも食べないことでそのテーブルは言えずにいたので隣に座ったSちゃんが「もうっサイくんはやくして~!」とイラついていた。私はSちゃんのお母さんが苦手だ。結局私が食べさせると嬉しそうに食べていた。普段自分で築いている保育園という世界に別次元の私が介入したことで、嬉しいけれど家のように振る舞うわけにもいかず当惑しているようだった。サイにはサイの世界がちゃんと存在していることに私は安堵した。
おやつを食べた後、いつもより早い時間にサイと保育園を出た。「もっとほいくえんであそびたかったのに、なんでサイくんだけかえるの?」と言われた。いつも6時頃お迎えにいくとすっ飛んで来るくせに習慣が変わることが嫌なようだった。ごめんね、もう君の世界にずかずか入らないから。

そのままスーパーに行き、サイに食べたいものを聞いて明日の材料を調達した。それから途中にあった花屋に寄った。近所だけどこの花屋には初めて入った。サイに誕生日だから好きなお花選んでいいよと言うと真っ赤なガーベラと赤い実がついた枝を選んだ。自転車の前かごに乗ったサイは誕生日用に包装してもらった花束を大事そうに抱えていた。帰宅してゆっくり夕食を作りゆっくりご飯を食べた。半休を取るだけでこんなにゆったり時間が流れるなんて、普段余程時間に追われているのだなと思った。野菜たっぷりスープ、鮭のパン粉焼き、出し巻卵、ごはん。両親、義両親から次々と誕生日プレゼントが届く。義母からのプレゼントは、足元を踏むと走り出す電動式バイク?であろう事か組み立て式だった。サイがどうしても今日組み立てて欲しいと言うため、必死になってネジや配線と格闘した。出来上がると疲労困憊。やたらと大きい。サイが♪のマークが描かれたボタンを押すとけたたましい音楽が鳴り響きしばらく鳴り止まなかった。なぜこんなに大きくて煩いものを義母は送ってきたのだろうか。部屋で走るには危険すぎるが屋外で使用不可と書いてあった。義母はいつも要らないものばかり送ってくる。好意はありがたいが本当に勘弁してほしい。くたくたになって入浴後、就寝。Kは帰って来なかった。


11月11日(土)晴れ
寝起き一番サイにおめでとうと言う。いい天気。そういえばサイが生まれた日も快晴だった。洋梨、ヨーグルト、パン。休みを取ったらしいKが帰宅。Kとサイは予約していた誕生日ケーキを引き取りに行きつつ公園へ。その間に洗濯、掃除、昼食作り。サイが食べたいと言った海老フライとハンバーグとソーセージ。あと最近好きなペンギンのおにぎり。海老フライは衣をつけるのが面倒だったので揚げるだけのものを買っておいた。新幹線のプレートにお子様ランチ風に盛り付けた。Kとサイ帰宅。出来上がったお子様ランチを食卓に持って行くとサイは大喜びした。あぁよかった。こういう、ちまちました料理とかキャラ弁とか本当に苦手でできる限りやりたくないけど君が喜ぶなら頑張るよ、の気持ち。と言っても1年に1回しか頑張らないけど。アンパンマンのケーキを見てまたもやサイは大喜び。昼寝したが誕生日ケーキ食べたさですぐに起きた。ハッピバースデーを歌ってケーキを食べた。ろうそくを吹き消すのが随分うまくなったものだ。私とサイはケーキをお代わりした。それからプレゼントのキーボードを渡す。しばらく出鱈目に音を鳴らした後、うまく弾けなくて飽きていた。私が弾こうとすると手を跳ね除けられた。オブジェにならないよう何とかせねば。
夜。サイはどうやらろうそうくを吹き消すのが好きらしいので、ケーキ風のお寿司を作った。上にバラの形の飾りをつけようとしたら横からKに「それは花ですかw」と何もしないくせに笑いながら馬鹿にされたので花を作るのは諦めてメロンパンナちゃんの顔を作った。そうしたらもっと難しかった。でもサイは喜んでくれた。2回目のハッピーバースデー。夕食後、私の両親からのプレゼントのトーマスのプラレールで遊ぶ。入浴後、就寝。


11月12日(日)快晴
朝。誕生日ケーキの残りにろうそくを立てて3回目のハッピーバースデー。洗濯、掃除。iphoneitunesで音楽を取り込もうとしたらPCが古すぎて全く取り込めない。買い換えが必要なことが発覚。がーん。公園へ行き、お弁当を食べた後、サイとしばらく遊ぶ。ぽかぽかしていて気持ち良い。必死になってどんぐりを拾っていた。砂場でケーキを作り4回目のハッピーバースデー。帰宅、昼寝。昼寝から起きたサイはみかんを食べた後、ピューロランドのショーの動画を観た。「たーぼ(たあ坊)にきゅう(抱きつくの意)したかった~」とまた言っていた。夕食はれんこん挽肉はさみ焼き、キャベツと玉ねぎの味噌汁、カニカマの卵焼き。れんこん挟み焼きにろうそくを立てて5回目のハッピーバースデー。サイ大喜びで吹き消す。だんだん何にでもろうそくを立てたくなる。食後、ピアノのデモ演奏を適当に流してサイとそれぞれ自由に踊る。世界一流のダンサーだと脳に暗示をかけてそういう表情で踊った。お互いの踊る姿を見てげらげら笑った。サイは踊るのが本当に好きらしい。面白かったので両親にテレビ電話してその姿を見せた。入浴後、就寝。

君が生まれてきたことが嘘のようだったけれど、一緒に踊れるようになるなんてね。おめでとう。

BGMはチャランポのNANDE-NANDE

最近、嫌なことがあった日は日記をさぼってしまう。だからといって誰かが困る訳ではないが。

 

10月16日(月)冷たい雨
ハロウィンの黒猫パンをサイと半分ずつ食べた。荷物の多い月曜日朝の雨だけは本当に勘弁してほしい。ここ最近の子育てでもしかしたらこれが一番苦痛かもしれない。前かごに乗ったサイに保育園バッグを抱えてもらって上から丸ごと雨カバー。カバーというか私が使っていたポンチョ。専用のカバーは紛失してしまって、でもサイはもうすぐ後ろ乗りになるのでやたらに高い前乗り専用カバーを買うのを渋った結果こうなっている。私は代わりに300円で買ったポンチョ。丈が足りず子ども用を無理矢理着ている人みたいな滑稽な姿になった。サイも私もずんぐりしていて、自転車に乗っているサーカスの熊みたいにのろのろと出発した。傘を差している人にぶつからないように走らなければならないのでいつも以上に神経が磨り減る。顔は濡れるしフードが風で吹き飛ぶ。寒くて冷たい。鬼のような形相で保育園に着いてサイを預けて急いでシーツを付けてから園を出る。駅に着いた時には一日のエネルギーの98%ぐらいが消耗されていた。あと2%で十何時間やらなきゃいけないと思うとぞっとした。電車は遅延していた。遅れる旨、上司に連絡。下車する人が多い途中駅で一端降りて扉の方を向いて立っていたら後から降りてきた人に突き飛ばされ、ギャグ漫画みたいにお尻から転んだ。周りの人は困惑したような半分笑っているような顔(町田康先生なら素晴らしい言葉で表現されるであろう)で傍観していた。華奢な可愛い女子ならまだしも、でかくて不細工なおばさんが転んでいる姿はお笑いでしかない。おまけに顔と髪は雨に濡れて沼から出た妖怪みたいだった。電車は途中運転見合わせになり結局30分以上遅刻した。絶望と疲労の朝。

夕方、お迎え。直帰だったのでいつもより早く迎えに行ったらちょうど紙芝居の読み聞かせをしていた。想定外の時間に現れた私の姿にサイは少々困惑していたようだった。運動会の写真が壁に張り出されていたので選んで封筒に番号を書いた。「○○くんいた!△△ちゃんいた!」とサイは他の子を見つけて嬉しそうにしていた。可愛いなと個人的に思っている先生の写真があれば買いたいと企んでいたけどなかった。去年は先生のソロ写真あったのになぁ。

また雨に濡れながらサーカスの熊親子スタイルで帰宅。身体が冷え切って寒かったのでさつま芋のスープを作ったらできたものは想定していたのと全く違ってまずかった。がっかり。夕食中、サイは突然「○○ちゃんをどーんってしちゃったの、ないちゃったの」と告白した。どうやら○○ちゃんに故意に体当たりして泣かせたらしい。自分で悪いことをしたと思っているような表情だった。何があったか気になったが、聞けば聞くほどむすっとして機嫌が悪くなったので「いたいことはしちゃだめだよ」と言い連絡帳に書いた。熱めの風呂に入って温かくしてサイと布団に潜り込み朝まで眠り続けた。寒くて靴下を二枚履きした。Kは深夜1時半頃ガタガタと帰宅し姿を現さないまま早朝いなくなった。

 


10月17日(火)雨
いつもより30分くらい寝坊した。昨晩早く寝たのになかなか布団から出れなかった。サイもなかなか起きなかった。急いで朝ごはん(コンビニで買ったパンケーキと柿)を食べ、まだ食べているサイを残して着替えたりオムツに名前を書いたり慌ただしく準備した。前日にやっとけばいいのだけどなぜかいつもできない。またサーカスの熊になり出発。昨日より雨量が少なくて気温も高いのが救いだった。昼休みに読みかけの小説を読んだ。夜は家中の電気を最低限にするためか目があまり見えないので昼休みに読むのが一番いいが食後30分かそこらでは全然時間が足りない。

夕方。お迎えは行ってもらう。途中で倒れて頭から血を出したおじいさんがいて救急車を呼んだり警察の事情聴取を受けていたしたらしく、二人の帰りはいつもより遅かった。帰って来たサイは「ち、でてたの。たおれちゃったの。」と彼なりの言葉でおじいさんが倒れていた情景を私に伝えてくれた。怖がっている様子はなかったが驚いているようだった。昨日のまずいスープを何とかしようと固い芋を細かく刻んで味付けしたらまあ食べられるぐらいにはなった。けどサイは見るだけで味が蘇るのか手をつけなかった。おじいさんは何故倒れたのか、私とKに何度も聞いた。物事に対して「なぜ」と聞くのが今彼のブームらしく、いつも聞かれる。答えても納得せずに「なんで?」と繰り返し聞いてくる。おじいさんはもう若くないから身体が思うように動かないのだよ、と説明すると分かったような分からないような顔をしていた。入浴後、就寝。サイは寝る前まで倒れたおじいさんの話をしていた。


10月18日(水)晴れ
久しぶりの快晴。Kは午前休み。サイを保育園に連れて行ってもらう。ぎりぎりまで二人を起こさないでいたらKになぜ起こさなかったのかと問われた。自分が起こされるのが嫌いなので寝ている人は起こさない主義。サイは日曜日Kと行った鉄道博物館で留守番をしていた私へのお土産として買ってきたサザエさん一家人形焼を朝から食べたがった。Kにも食べろ食べろと勧めていた。自分が選んでお土産にしたという自負みたいなのがあるらしかった。

お迎え、夕食。疲れていたのでレトルトのカレーにした。サイは週末に買ったポケモンカレー。ピカチュウになんで耳があるのか何度も聞かれる。「なんで、なぜ」ブームはいつまで続くのだろうか。入浴後、就寝。


10月19日(木)雨
また雨。かぼちゃパンにハムを挟んで食べた。サイはハムとソーセージが異常なくらい好きである。いつものようにハムだけ取り出して食べようとしていたので「こうやって挟んだままパンと一緒に食べると美味しいよ」と言うとちゃんとそうやって食べていた。私がいつも時間ないよと言って急かすせいで、最近自分で「じかんないよねぇサイくんいそぐよ!」と言うようになった。またサーカスの熊親子で出発。雨の日の登園は本当に辛い。勘弁してほしい。

昼休み、前いた部署の先輩と久しぶりにお昼ごはんを食べた。自分の話ばっかりしてしまった。夕方、お迎え。帰宅後夕食、入浴、就寝。


10月20日(金)、21日(土)、22日(日)
記録していない。嫌なことばかり言われて気分が優れず天気も悪かった気がする。

ペンギンはよくみると怖い

9月18日(月)快晴 真夏のような暑さ
大好きな人の誕生日。だが私にはいつも通りの休日。朝ごはん、洗濯を済ませてKとサイは公園へ。お昼すぎに私が合流し、前から行ってみたかったお蕎麦屋さんに行った。いつもスーパーに行く時に通りかかるお蕎麦屋さんの食品サンプルの海老天丼、海老が大きくて美味しそうだったからずっと食べてみたかった。私とKはそれぞれ海老天丼を注文し、サイ用に盛りうどん、Kが丼だけじゃ足りないと言ったため、盛りそばも頼んだ。海老天丼は巨大な海老天が二つ乗っていた。絵に描いたような海老天丼にテンションが上がったサイは「てんてんどんどんてんどんんどん~ふっくらおいしいえびてん△●*+~~」と最後の方をごまかしながらてんどんマンが登場する時の歌を大声で歌った。声は店内に鳴り響いていた。天丼の蓋に海老天とごはんを少し入れてあげるとサイは「えびおいしー!」と芸人がグルメレポートをするような表情で食べた。私はサイにあげたのでちょうどいい量だったがKはそばも食べて苦しそうだった。そりゃそうである。呆れる程の大食い。私達のテーブルの隣には初老の男性二人が座っていた。いつもの、という感じで天ざる蕎麦を頼んでいた。美味しそうだった。二人は友人同士らしく他愛のない話をしていたが、電車で席を譲られる話になり、一人が「いやあ、譲ってもらってありがたいんだよ、ありがたい。でもねぇ、情けないんだよね。・・自分がそんな歳になったのかって・・。」ともう一人に打ち明けた。もう一人はうんうんと頷きながらもその現実を悟っているようだった。あー、私も将来同じ事言ってそうだなと思った。だってこんな歳になっても未だに内面は小学生くらいからちっとも変っていない。店を出て公園に戻り三人で公園内を散策した後帰宅。Kは仕事。
私はサイと昼寝。はっと起きると日が沈み始めていた。随分寝ていたらしい。昼寝から起きた直後の、身体が朝か夜か分からなくて戸惑う感覚が好きだ。少し怠くて火照った身体。慌てて晩御飯を作る。きのこや野菜を炒め煮した後に薄切牛肉を乗せて蒸し焼きにし、甘辛く味付けして牛鍋風に。適当だけどまあまあ美味しかった。K帰宅して夕食。サイは牛鍋風にほとんど手をつけなかった。入浴後、就寝。

9月19日(火)晴れ
朝。デラウェアとパン。サイは自分でズボンと靴下を履いた。えらい。出展の手伝いで朝から会場のホテルに出かけた。力仕事をして疲れた。手伝いが終わって歩いて会社に戻る途中、どうしても我慢できなくて勤務中にアルコールを摂取するという大罪を犯してしまった。基本的にどうしても飲みたい!という時にしか飲まないから断じてアル中ではない、ということにしておく。緊張感があったせいかビールを飲んでも午後の勤務に支障はなかった。
夕方。Kにお迎えを頼んで帰宅して夕食準備。いつもより帰りが遅い。二人が帰って来るなりサイが「おかあさんこれあげる~」と黄色いガーベラをくれた。お花屋さんの前を通りがかった時にサイ自らお母さんにお花買いたいと言い出したらしい。なんていい子なんだろう。ありがとうと言って抱きしめた。サイは黄色が好きだってそういえば言っていた。おかずを作っていたのにKは美味しそうだったからという理由だけで大量にお惣菜を買ってきた。それも自分が食べたいものばかり。溜息。作ったおかずは明日食べればよいと勝手なことを言われた。「今日は保育園で何したの?」とサイに聞くと「Hちゃんとおすなばであそんだ」と教えてくれた。Hちゃんは最近よく聞く女の子の名前。以前ストーカーのように追いかけていたMちゃんには飽きたのだろうか。幼児の仲も複雑だ。連絡帳を見るとサイが言ったとおりのことが書かれていたから嘘ではない。夕食後、入浴。入浴後、就寝。


9月20日(水)曇り
朝。パンとデラウェアとサイが昨晩Kにスーパーで騒いで買わせた450円もするあんみつ。サイはあんみつを食べたことがない。食べたことがないもの、私なら絶対サイが欲しいと喚いてもそんな高いもの買い与えない。物珍しさや気分で言っている場合がある。案の定、餡子と蜜柑を食べた他は寒天も小豆もほとんど全部残していた。私も寒天は少し苦手だ。
夕方、お迎え。コンビニに寄って明日のパンとヨーグルトとビール。帰宅してヨーグルトを食べようとするサイに明日食べるやつだからダメと言うと騒ぎだした。量が多かったので「じゃあお母さんと半分個ならいいよ」と折衷案?を出しても「いやだ!サイくんがぜんぶたべるの!」と言って聞かない。仕事のように、これをやるから代わりにこうして貰う、のような駆け引きや交換条件は子どもには通用しない。嫌なものは嫌だし、やりたいことは全部叶えたいらしい。拒否されると希望通りになるまで全力で騒ぎ立てる。我儘をどこまで許すかそこが躾になってくるとは思うが疲れていたので結局ヨーグルトを食べさせてしまった。サイもお腹が空いている。その代り、晩御飯をちゃんと食べさせた。野菜だけ残そうとしていたが食べなきゃだめだよ、と催促した。それには納得したようだった。食後、めばえの工作ページで遊ぶ。そういえば最近テレビを観たがらない。入浴後、就寝。サイを寝かせて復活するはずができず明け方起床。


9月21日(木)快晴 秋の爽やかな天気
朝。布団の隅で寝転がりながらラジオを聴いていたらサイが起きた。「おかあさんどこー?」という声がしたので「いるよー」と顔を見せると安心したようだった。しばらく二人で布団に潜り顔をくっつけ合ったりしてだらだらした。微睡んでいたらサイが先に起き上がり「さ、おきるよ!じかんないからね!」と催促された。私が寝坊した時サイに言う言葉そのままだったので笑った。ぶどう、パンケーキ(サイがコンビニで買いたがったやつ)。食後もテレビを観たがらずめばえを見たりぬいぐるみと遊んでいた。テレビを観ないと出発もスムーズだった。
夕方。お迎え。買い物する時間がなかったので外食した。回転寿司。サイはたまご、納豆巻、海老、茶わん蒸しを平らげデザートにメロンまで食べた。メロンちょっとちょうだいよと言うと「だーめーよー」と言って全然分けてくれなかった。お腹を触るとさすがに胃がぱんぱんだったのに廻ってくる寿司を見てまだ「えびたべたい~」と騒いでいた。帰宅して入浴、就寝。深夜に洗濯。3時ぐらいが一番好きだ。


9月22日(金)
朝の記憶なし。
夕方。出展の撤収があったためお迎えに間に合う電車に乗れるかどうかぎりぎりのところだった。Kに代わって欲しいと言っていたのに「無理」と言われたため仕方なく他の人に断って一人だけ先に帰らせてもらった。いつも私が何とかしなきゃいけない。「忙しくて当然の俺」アピールにうんざりする。
夕食の記憶なし。入浴後、就寝。


9月23日(土)
モヤモヤがずっと消えなかったため前日に予約して美容院へ行った。ずっと(というほどでもないが自分にしては珍しく)伸ばしてきたがええいと思って短く切ってもらった。久しぶりにバリカンも登場した。でも切った後鏡で見ると顔の老け具合が強調された気がしてこの歳でやるボブのキツさを知った。何をしてももう似合わないのかもしれない。
先に水族館に行っていたKとサイと合流しロイヤルホストで昼ごはんを食べた。お子様ランチの食器やナプキンには山田詩子さんのイラストが使われていて可愛い。色んなファミレスのお子様ランチを見てきたが、盛り付けとか食べ易さとか温度(たまに火傷するくらい熱々で出てくる店もある)とかロイヤルホストが一番いい気がした。サイも満足そうだった。トイレに行っている間にKはデザートのケーキを頼んでいて、つくづく勝手だなと思った。

昼食後、水族館に入り(二人は再入場)イルカショーを見たり混雑する展示コーナーを見た。イルカショーはBGMとしてかかっていたアップテンポな激しいロックみたいな曲が一切イルカの動きに合っていなくて、何より音量が多きすぎて吐き気がした。お金がかかっていそうな光の演出も無駄だと思った。普通のショーが観たかった。その後、ペンギンや魚の水槽を見たが人が多すぎて満員電車のようだった。少し見た後早々に退散した。サイがペンギンのぬいぐるみを欲しがった(ロイヤルホストの時から「ぺんぎんのおにんぎょうがほしい」と騒いでいた)ので買ったら大事そうに抱えていた。お土産屋さんの出口に透明標本が売っていて、欲しいなぁと思ったけどいいものは2-3万もした。私が見ていたのにKは透明標本に何の興味も示さず見向きもせず通り過ぎた。決定的にこの人とは合わないんだと感じて悲しくなった。世の中には透明標本が気になる人と気にならない人がいる。たかが透明標本ぐらいでと思われるかもしれないが見ている風景が違うととても寂しい気持ちになる。
水族館を出て最寄駅まで戻ってサイのオムツを替えた後、駅構内のお店を見ていたらサイは疲れて眠った。本屋があったのでサイをお願いして久しぶりに本を見ていたらKは「まだなの?」とイラついた。待つということができない人。先に店を出てもらっていても電話がかかってきて「まだなの?」と聞かれた。あー嫌だ。逆だったらいくらでも待つのに。パンケーキの行列に並ぶのは嫌だけど人を待つのは個人的にあまり嫌じゃない。むしろずっと待っていたいと思う。だって待っている間に好きなことができて楽しいから。
外食を提案されたが昼も外食だったので夜はRF1でお惣菜を少し買って家で食べた。入浴後、就寝。サイはペンギンちゃん(命名byサイ)を愛おしそうに抱いて寝た。


9月24日(日)夏のような天気
朝ごはん、洗濯、サイとKは公園。二人がいなくなると自分の人生についてまた考えてしまってずーんと沈んだ。もうここで人生終わってもいいのかなとか思ってしまった。いや掃除掃除。お昼に合流するために自転車を走らせてモスバーガーに買いに行く。休日の昼時ということもあり予想以上に人が並んでいた。また遅いと言われるのが嫌で混んでいる旨Kに連絡すると「だから早く行った方がいいって言ったでしょ」と返信がきた。こういうのが積もり積もってストレスになる。急いで公園へ行き買ってきたモスバーガーを三人で食べた。サイはホットドックのソーセージだけを食べた。その後Kは仕事に行き、私はサイとボールを投げ合ったりして遊んだ。去年は全然投げられなかったのに投げるのがなかなかうまくなってきて成長を感じた。この日はとにかく日差しがきつく途中から私の体力がなくなってきたのでまだまだ遊びたいと言うサイに「カルピス飲んでグミ食べようよ」などと誘惑して何とか家に帰って二人で昼寝した。昼寝から起きたら人生を終わらせたい気持ちは幾分かなくなっていた。沈んでいる時はとにかく一度全てを放棄して起きるまで眠った方がいいと思う。それも昼寝が良い。
夕方、K帰宅。夕食。何を作ったか覚えていない。入浴後就寝。サイは今日もペンギンちゃんと。

笑われても君はいつも傘を

9月11日(月)
朝。会社を遅刻した。月曜はシーツ付けがあるからいつもと同じ時間に出ていてはダメだ。なのに出際にサイが玩具を詰めたりしてぐずった。
夕方。お迎え。うーぱーちゃんの水槽が新しく大きなものになっていた。他のお母さんも皆「お家が豪華になってる!」などと言っていた。トンネルやビー玉のようなものも入っていた。でもうーぱーちゃんは相変わらず隅でじっとしていた。サイは敷き詰められた砂利石を「おまめがあるね」と豆だと勘違いしていた。石だよと言っても「おまめだよ!うーぱーちゃんたべるんだよ」と言っていた。帰宅後、夕食。ご飯入り焼きうどん。夕食後、絵本。入浴後、就寝。

 

9月12日(火)雨
朝。遅刻しないように早めに家を出たが結局あまりいつもと変わらなかった。
夕方。お迎え。晩御飯に何を食べたか覚えていない。多分、納豆とごはんと卵焼きとか簡単なものだったように思う。食後、絵本を読んだ。入浴後、就寝。

 

9月13日(水)
お昼。最近私が病んでいるのを心配してくれた別の部署のお母さんがランチに誘ってくれてお寿司を食べた。結局愚痴ばかり聞いてもらった。
夜。冷蔵庫の食材が尽きたため外食することにした。近くにあるハンバーグ屋さんに行った。混んでいたのか出てくるまで30分以上かかった。サイはお子様ランチを食べると楽しみにしていたが夜はやっていなかったので私のを取り分けた。ハンバーグは千円以上もするのに自分で作ったハンバーグやファミレスの方が美味しいかもと食べ終えて気が付き少し悲しくなった。とはいえ、外食すると帰宅後が楽である。入浴後、就寝。

 

9月14日(木)
朝。パンと梨。サイは今日も大荷物。
夕方。お迎え。家の方角と逆のスーパーに寄って肉や果物など買う。サイは私と前食べて美味しかった「魚岸揚げ」を「おまんじゅうどこかな~」と言いながら探していたが昼に厚揚げを食べたらしかったので(保育園の入り口に本日の給食サンプルが出ている)、辞めた。冷蔵庫の野菜で焼き飯を作ったら味付ご飯が嫌いなサイは進んでいなかった。入浴後、就寝。


9月15日(金)晴れ
朝。パンとキウイ。ゴールドだと思って買ったキウイを切ったら緑だったのでショックだった。サイはビニールバックの大荷物を辞め、いつもと比べると控えめな荷物で登園した。晴れても長靴で傘持参。傘を持つことが嬉しくて嬉しくて仕方ないらしい。最近ずっとそうだ。
夕方。お迎え。夕食はベーコンの肉じゃが。肉が高くて代わりにベーコンでやってみたらまあまあ美味しかった。加工食品命のサイはベーコンばかり好んで食べたが野菜もちゃんと食べていた。入浴後、就寝。


9月16日(土)曇り時々雨。
朝。朝ごはんの後、片付けなどして公園へ。昼食後、昼寝。サイが昼寝から起きる頃、両親が地元から来た。空港に着いたとの連絡があった以降特に連絡はなくいきなり家のインターホンが鳴った。実家の家族はそういうところがある。サイは祖父母に会ってテンションが上がったばかりか、お土産にめばえをもらって興奮状態だった。父がめばえの付録を作ってサイがそれで遊んでいた。その後、みんなで二人が来る前にサイと買いに行った団子や大福を食べた。Kの帰宅を待って全員でファミレスへ行った。食後、私とサイだけ先に帰宅。三人で大事な話をしていた。そもそも両親はそのために来た。サイをお風呂に入れる頃三人が帰宅。サイが寝た後、今度は全員で話した。話が噛み合わず、結局朝4時までずっと話し続けた。けれど結論は出なかった。なぜか私の好きなものを制限すべきだという話に方向が向かった。納得できなかった。全員疲れ果てて朝まで少し眠ることにした。Kは鼾をかいて寝ていた。私は何だか眠れずこれまで歩んできた人生について考えていた。結局どうにもならないので布団に入った。


9月17日(日)台風
早朝、両親が起きたので私も起きた。サイも起きた。Kは寝ていた。両親は午後の飛行機で帰る予定だったが台風で欠航になりそうとのことで、三人で朝ごはんを食べた後バタバタと準備し、朝イチの飛行機で帰って行った。サイが寂しがるといけないからとサイには何も言わず家を出て行った。Kはまだ寝ていた。しばらくしてサイは二人がいないことに気が付き「じいじばあばはどこへいったの?」と聞いてきた。Kが起きてきて「なんで起こしてくれないの?」と聞かれた。寝ている人は基本起こしてくれと言われない限り起こさない主義だ。それに義両親が早朝帰ると知っていて自分で起きないのが悪い。あまりにも眠くて貧血を起こしそうだったのでKに代わってもらい昼前まで眠った。
昼食後、全員で昼寝。ただ三人で寝ると窮屈なので私はすぐに起きて楳図かずおの漫画を読んだ。昨日両親に言われたこととか、これからのこととか、考えただけで吐きそうになり、現実逃避したくて楳図かずおの『14歳』を貪るように読んだ。次々と人が死んでいき、想像を超える過酷な場面が繰り返される漫画の世界に入り込むことで今起こっていることを一瞬でも忘れようとした。最終巻まで読み終えたら外が暗くなり初めていた。やっぱりこの人天才だなぁと結末に衝撃を受けつつぼーっとしていたらKとサイが起きてきた。三人でプリンを食べた。何もする気が起きず晩御飯を作る気力もなかった。Kがスーパーでお刺身やエビを買ってきてそれを食べた。食後、めばえの付録のコンビニごっこ(父が作ったやつ)で遊ぶ。よくできている。入浴後、就寝。


結婚してサイが生まれてから人生が大きく変わった。自分が今まで大切にしてきたこととか好きなものは小さい時から増えても減りはしなかった。それらはピラミッドを成すのではなく、点と点で結び付いて浮かんでいる。サイの存在はその大切なもの達の真ん中に加わった。でもある役割だけを求められ、優劣つけてピラミッドの頂点にあるもの以外切り捨てることを他人から求められるととてもしんどい。自覚を持たず自由にしていたいという意味でなく、「これが私だからこの私を見て!」と断言することがとても辛い。サイといる時は母親だし、働いている時は会社員だし、色んな自分がいる。それを分かってもらえない時、どうしたらよいか分からない。ずっと苦しい。

最終楽章と名付けらた服

9月4日(月)
朝、二度寝して寝坊。二度寝した時、土屋太鳳とカロリーメイトを食べる夢を見た。超特急で準備して出発。
夕方、お迎え。うーぱーちゃんが今日は活発に動いていた。Sくんのお父さんに「本物ですかこれは」と聞かれる。「本物ですよ」と言うと「へぇー」と驚いていた。だんだん成長して大きくなっていくうーぱーちゃん。最後はどうなるのだろう。

夕食は昨日のカレー。サイはやはりあまり食べなかった。夕食後、入浴、就寝。

深夜1時。サイは最近、夜眠ると滅多に起きないのに、夜中に起きてわんわん泣いた。触ると体中が熱かった。それで熱があると勘付く。測ると39度。泣き続けるサイ。夜間診療に行こうと言ったらKは眠いのか「えー」と行く気がなさそうだった。「じゃあ一人で連れて行くから寝てていいよ」と言うと「あ、そう?」と言った。あ、そう?じゃないやろと思った。私がサイを抱いている間も、氷を持って来るなり何かすればいいのに横で何もせずぼーっとしていた。あぁ気が利かない。薬があるから取って来て欲しいと言ってもどこにあるか分からないと言ってすぐ戻って来た。サイをみてもらって私が探しに行く。すぐに解熱剤が見つかったので夜間診療のお世話にならずに済んだ。ジュースに混ぜて飲ませようとするも嫌がって飲まない。どうしようかなと思っていたらだんだん泣き止んですぅーっと目を閉じて眠ったので朝まで様子を見ることにした。額は熱い。


9月5日(火)曇り
朝、サイはいつもの時間になっても起きなかった。額に手を当ててみると熱い。それであー、今日はもう保育園無理だなと思って起こさなかった。8時頃サイが目覚める。熱を測ると38度超えていた。会社と保育園に連絡。食欲がないらしく、焼きおにぎり作ろうかと聞くと食べたいと言うので作った。できたのを食べてみると美味かった。でもサイは一瞥しただけで食べなかった。
開院時間に合わせて自転車を走らせて小児科。熱があるのに今日もビニールバッグに玩具を大量に詰めて持って行った。小児科に着くと待っている人は少なかった。サイは熱が下がったのか、大きな声で小児科に貼ってあるアンパンマンや何かのキャラクターについてコメントした。この小児科は古く、先生も若くはないが私はここが好きだ。受付や病室に手作り風のアンパンマンドラえもんの紙が貼ってあって妙に落ち着く。先生は穏やかでサイにもとても優しい。ゆっくりと時間をかけて診察してくれる。「じっとしてお利口だねぇ」と褒めてくれた。サイが保育園児だと知っているので、診察の終わり際、「会社、休まなきゃいけないですねぇ」と困ったような顔で気遣ってくれて泣きそうになる。

病院を出て薬局に寄り薬をもらう。サイに自分で粉からグミを作れるという「ねるねるねるね」みたいなお菓子をねだられて仕方なく買う。熱のある時はどうしても甘くなる。帰宅して果物とおにぎりを食べさせようとすると、そのグミ製作キットをやりたいと駄々をこねる。熱の時に怒るのも嫌だしどうでもいいかと思って一緒にやる。付属の粉を水に溶かすと赤青黄の毒々しい色水ができた。それを謎の粉に入れるとグミができるという代物だった。できたグミは粉っぽくてまずかったが懐かしい味がした。小さい頃ねるねるねるねが大好きだった。サイは満足そうだった。粉が無くなった後もスポイトで色水を垂らして遊んでいた。サイはその後、食パンとトマトを少しだけ食べた。

昼寝。居間で寝たいというので床に布団を敷いて私は隣のソファで横になった。サイが眠ったら自分は起きるはずが一緒に眠ってしまった。結局サイと一緒に起きた。起きたら昼食の皿が食べたまま食卓に残っていてうんざりした。
夜、K帰宅。夕食が作れなかったのでお弁当を買ってきてもらう。気が利かないKは自分が食べたい物ばかり買って来た。私はさすがに飲まなかったが呑気なKはビールを飲んでいた。サイにはにゅう麺を作ったがあまり食べなかった。余った分をKが食べたいというのでお椀に入れたがサイを見ているうちに冷めてしまい、「もう一度温め直して」とうるさかった。子どもが熱の時ぐらい自分のことは自分でやってくれ、冷めた(と言っても全然冷めてなかった)麺でも我慢してくれと思ったが結局温め直した。サイはまた熱が上がってきた。サイをお風呂に入れろ、熱があってお風呂に入ったらダメなんか迷信だとKは口煩かった。無視してサイと眠った。


9月6日(水)雨時々曇り
朝。サイが寝ている間に熱を測ると38.5度。それで今日も会社を諦めた。起こさなかったら9時前まで寝ていた。どんな夢を見ているのか、時々にーっと笑いながら寝ていた。キウイとヨーグルト。乳製品はあまり食べさせない方がいいが食べたがったので仕方なく。39度。座薬を入れようとするも嫌がって失敗。小児科。今日は昨日より待っている人がいた。サイはアンパンマンの本を大人しく読んでいた。生まれたての赤ちゃんを連れて来ているお母さんがいて、サイがこんなに小さかったのはいつだったっけなぁと思う。「座薬は暴れて入れられませんでした」と言うと、先生は「大人しそうだけど意思の強い子なんだねぇ」とにこにこ言った。熱を測ると37度代。子どもの熱は本当に変わり易い。結局座薬は入れてもらわなかった。「熱のある時にお風呂に入れていいものですか?」と聞くと「辞めた方がいいわねぇ」と言われてKに勝った気になる。

薬局に寄って帰宅。二人でうどんを食べた後、昼寝。今日は途中で起きて、サイが寝ている間に一息つく。7月に買った絵をようやく額に入れて壁に飾ったり、珈琲を飲みながら漫画を読んだ。そうしているうちにサイは起きた。テレビでアンパンマンショーの動画を観た後、ぬいぐるみ達をテーブルに見立てた箱の周りに並べて、人数分のお茶と小皿を用意させられた。げ、洗い物が増えると思ったが仕方なく少量のお茶を入れて渡す。グラスに少量入った麦茶はウィスキーみたいだった。それからサイは甲斐甲斐しく皆(ぬいぐるみ)にグミを配って宴みたいな感じになっていた。もちろんぬいぐるみを動かすのは私だけど。兄弟がいたらこうはならないんだろうなと思う。

いつもより早めに夕食。白いご飯がいいと言うので、ウィンナー、小松菜煮びたし、人参、トマト。野菜はほとんど食べなかった。サイから異臭が漂い始めていたのでさっと下半身だけ洗って私もサイが遊んでいる間に急いでシャワーを浴びた。我が子なら臭くても私は全然構わないけどKがいたら発狂していたと思う。Kは出張でよかった。インスタをアップデートしたら新たに増えていた動物の耳や飾りがついた写真が撮れるSNOWみたいな(ってSNOWをよく知らないが)機能で二人でしばらく遊んだ。美肌になったり黒目に星が入ったりよくできているのだなぁと時代遅れの老人みたいに関心した。サイも「次は何になろうかな~」とノリノリだった。まだ少し熱かったがぐったりはしていなかったので熱冷ましは使わなかった。就寝。


9月7日(木)曇り
朝。サイの額に手を当てると平熱まで下がっていた。ほっ。やっと会社に行けるから喜ぶべきなのに着替えて電車に乗ることを考えると憂鬱にもなった。サイはあまり食欲がなくキウイだけ食べた。サイが欲しいと言って買ったスティックパンは一口齧っただけ。今日も大量の玩具をビニールバッグに詰めていた。「おもい~」と言いながらずっしり入った荷物を運んでいた。私は久々に、適当だが弁当を作った。涼しくなるとずぼらな私でも弁当を作る気になる。コンビニで買うと余計なお菓子まで買っちゃって500円なんてすぐ超えてしまう。それが毎日だと以外とお金がすぐなくなっていく。節約しないとなと思う。
夕方。しばらくスーパーに行けていないので食材がなく晩御飯どうしようかなと思っていたらKがチェーン店のお寿司と焼き鳥を買ってきた。また焼き鳥…。サイはたまごのお寿司と納豆巻きを少し食べた後は手が止まっていた。汁ものがあった方がいいと思って作ったそう麺汁には少しだけ手をつけた。


9月8日(金)晴れ
朝。もう熱はなさそう。今日は弁当を作らなかった。わたしは3日坊主どころか1日坊主なところがある。
夕方。今日は会社のサマーパーティー(と言ってもガレージで開催されるささやかなもの)があるのでお迎えを代わってもらって参加しようとしていたところ、始まる直前にお迎えに行ったKから「サイが38度の熱がある」と連絡がきた。なのでパーティーには参加せず帰宅した。サイは元気そうだった。元気だから参加してきていいよと言われたが子どもが熱を出しているのに飲んでいる訳にはいかない。それから熱は上がらずお風呂も入れて就寝。何はともあれ、健康でいるのが一番いい。


9月9日(土)晴れ
サイは病み上がりなのでどこにも行かず家と周辺で過ごした。朝、洗濯など家事を済ませたらお昼の時間になったのでサイとお気に入りのパン屋でそれぞれ食べたいパンを買い、公園でシートを広げて食べた。木の根元にシートを広げたら蟻の巣の近くだったらしく、たくさんの蟻がシートに上がってきて何だか落ち着かなかった。サイはウインナーパンの周りのパンを剥がしてウインナーだけ満足そうに食べていた。周りのパンはいらないのかなと思って私がむしゃむしゃ食べていたら「サイくんたべるの!」と言われた。蟻が多かったので食べたらすぐにシートを畳んで公園で遊んだ。売店のゴムボールを欲しがったがここで買うのもなぁと思って渋っていたらサイは欲しい欲しいと言ってその場を離れない。物欲しそうに見ていたサイに売店のおじさんが、「これあげるよ、どうせ捨てるから」と空気の抜けかけたボールをくれた。申し訳ないような恥ずかしいような。サイは喜んでありがとうと言って受け取り、その後しばらく放り投げて追いかけたり、私と投げ合ってボールで遊んだ。それからかき氷を食べている子ども達を見てサイは「かきごおりたべたい」と言った。普段ならダメだと言うが、暑かった上におじさんにボール貰ったから、まぁいいかと思って売店に向かった。何のかき氷がいいの?と聞くと「いちご」と言った。「自分で頼んでごらん」と言うと小さな声で「いちごのかきごおりください」と言った。かき氷は飛ぶように売れていておじさんは忙しそうだったため、サイの声はかき消された。お客さんが引いて落ち着いてようやくおじさんがこちらを振り返ってくれてサイはもう一度声に出した。無事に発注は通ったらしい。サイは鮮やかなピンク色のシロップがかかったかき氷が差し出されると愛おしそうにそうーと両手で抱えた。テーブルが空いていたのでサイと並んで食べた。隣のおばさんはスナック菓子を食べていた。サイはとにかく嬉しそうだった。夏の終わりに思い出らしいことができてよかった。
かき氷の入っていた容器とスプーンを持ち帰りたいと言ったので持って帰って洗った。サイはそれに粘土を詰めてかき氷屋さんになりきっていた。その後昼寝。昼寝後、サイがDVDなど見ている間に夕食準備。K帰宅。夕食後、入浴、就寝。


9月10日(日)晴れ
ずっと鬱々としていたので、好きな洋服でも見に行こうと思って午前休みのKにサイと留守番してもらい電車に乗って出かけた。出かけるまで億劫になりなかなか家を出れなかった。街に出ると人々がたくさん買い物した袋を持って歩いていて積極的な消費活動という感じでいいなぁと思った。一番欲しかった洋服を試着した。刺繍の一つ一つが絵画のようで透けるチュールが美しかった。でも高すぎたため断念した。試着して触れられただけで満足だ。代わりに同じブランドの別の服を買った。面白い柄だなと思ったら、これは「コーダ」と言うんです、と店のお姉さんが教えてくれた。後で調べたら音楽用語だった。派手じゃないけどすごく好きな感じで身体に合っていた。長く着られそうだと思った。店を出ると予定していた時間を少し過ぎそうだったので連絡して帰路に就く。

帰宅したら時間を過ぎたことでKは怒っていた。サイはまだ昼寝をしていなかった。サイがなかなか寝ないとKは苛立っていた。「もう寝ないよ。夜寝なくなるから今から寝かせない方がいい」と怒っていた。私が一緒に添い寝したらサイは眠かったのかすぐに眠った。寝かしつけの時に寝ないからって子どもにイライラしたところを見せるのは一番ダメだ。根気が必要なのだ。Kはキレながら仕事に向かった。夕方までサイは寝ていた。夜、K帰宅。夕食後、入浴、就寝。サイはいつも通りちゃんと眠った。


好きな服の刺繍に触れたり街を歩いて夢のような時間を過ごしても、帰った途端それらはガラガラと崩れ去り色褪せる。もっと自由に、自由というのは身体的というより精神的に、もっと伸びやかに毎日を過ごしたい。怯えるように毎日を生きるのはもう嫌だ。

生き抜いても愛には鈍感

8月28日(月)
朝。サイとメロンパンを半分ずつ食べた。メロンパンナちゃんを抱いて登園。
夕方。Kがお迎えに行ってくれているものだと思い普通に帰ろうとしたが、いつもある終わったの連絡もなかったので不安に思い保育園の最寄駅で降りると駐輪場に自転車がまだあった。やれやれと思った。あとから「今日は飲み会」と連絡が来た。聞いていない。夕食はツナと人参と小松菜のオムレツ、ミートボール、トマト。入浴後、就寝。
Kが深夜にガタガタと帰宅。サイが起きて水が飲みたいというので居間に行くとKが半裸で寝ておりその姿にぞっとした。「接待」と称しいつも夕方早い時間から何時間も飲み、必ず泥酔して帰宅する。これが週3日程。私だったらそんな仕事即辞める。結婚後はもちろん、産前も出産直後もずっとそうだった。酔ったKは相当に面倒臭い。しかも翌朝何も覚えていない。いつからか酔ったKに顔を合わせるのが怖くなり深夜まで起きていても鍵の開く音と同時に寝室に逃げるようになった。


8月29日(火)
朝。サイと蒸しパンを半分ずつ食べようとして二切れずつお皿に乗せたらサイに一切れ奪われ、私は1/4になった。「お母さんにもちょうだいよ~」「アンパンマンはみんなに自分の顔をあげてるでしょ」などと言っても動じなかった。代官様に年貢を徴収される農民のような気持ちになった。
夕方、お迎え。今日も「うーぱーちゃん」の様子を確認した。自転車を漕ぎながら空を見上げたらオレンジと青が混ざったような色で美しかった。サイに「空がきれいだね~何色に見える?」と聞いたら「あか!」と返ってきた。夕食はしらすと小松菜のチャーハン。サイは味付けご飯が苦手なのであまり進んでいなかった。そもそも帰宅直後にお菓子を食べさせるのがいけないのかもしれない。でも二人とも帰宅直後はお腹が空いているので、私はビールと簡単なつまみ、サイは水とグミやトマトを食べるのが最近定着している。そうしなければ二人ともイライラしてしまうということにある時気づいた。食前食?をするようになってからは夕食準備中にサイの機嫌が悪くなることが少なくなったし夕食もほとんど残さず食べているので何をするにも空腹状態を回避するのはいいことだと思う。

食後、サイと一緒にめばえを見た後、サイは一人でパズルをやり始めた。集中していたようだったから私も横で川原泉の漫画を読んでいた。こういう過ごし方もいいなと思った。途中パズルがうまく嵌らず癇癪を起している場面も見られたが少しだけ手助けしてそっと見守っていると最後までできていた。入浴。アンパンマンの人形とお湯を混ぜた謎の「おみずのかるぴ(カルピス)」なる飲料を売りつけられたので飲む真似をした。サイはカルピス屋さんになりきって機嫌が良かった。入浴後、就寝。夜中に酔ったKが帰宅したらしく、途中で起きて居間に行くと昨日とほんとど変わらないだらしない格好で寝ていた。


8月30日(水)曇り時々雨
朝。パンがなかったので慌てて冷凍庫にあるパンダの食パンを解凍した。サイは喜んでいた。
夕方。お迎えをKに頼んでCD屋に寄り大森さんの新曲を買って帰宅。遅くなったのでラーメン。麺がのびたら嫌だとKは口うるさく言ってきた。うるさいので先にKとサイだけ食べ始めるように言い、私はのびた麺も好きなのでゆっくり温泉卵を作ってから食べた。サイは海苔を気に入り海苔ばかり食べていた。汁を少な目にしていたら汁を飲みたがったので水で割ってお椀に入れた。入浴後、少し粘土遊び。エビフライ、トマト、ハンバーグを作った。布団でゴロゴロしつつ就寝。いつもサイが寝てからアイスを食べたいと思っているのに寝かしつけで力尽きて寝てしまう。


8月31日(木)雨 涼しい
朝。早朝に目が覚めた。何かしようと思ったら間隔を空けずサイも起きた。いつもより1時間以上早い。二人で大森さんの新曲に付属していたDVDを観る。率先してディスクを入れたがる。いつもそうしてベタベタ裏側も触られるので大体のディスクはダメになる。これは余り触られたくないなと思ってヒヤヒヤした。その後粘土遊び。青と赤の粘土でうさぎを作る。型に粘土を入れたり型から取り出したりするのが前よりも上手になった。口を開けて集中していた。お腹が空いたが朝ごはんを食べてくれる気配がなかったので、メロンパンナちゃんを動かして「お腹空いちゃったよ~朝ごはん食べようよ~」と言うと止めてくれた。パンダの食パン。細かく千切った後、その一辺を牛乳につけた。零しそうだったので「あぁー」と言うと「ぎゅうにゅうにつけてるだけだよ、わるいことしてないよ」と大人みたいな顔で弁明していた。見たら零している訳でもなさそうだったのでそのままやらせた。雨なのに雨カバーがないので大人用ポンチョをサイの乗った前かごに被せて出発。私は何も被るものがなくびしょ濡れ。早くカバーを買わなくては。
夕方、お迎え。夕食を作る気力がなくチラシが入っていたピザを頼んだ。ラーメン、ピザとジャンクが続いてしまった。サイはピザに喜んでいたが、上に乗ったソーセージだけ食べていた。入浴、就寝。


9月1日(金)
今日から9月。ぼーっとしてたらあっという間に夏が終わり秋が来て気が付いた時には凍えるぐらい寒くなっているのかもしれない。朝、いつものようにバタバタと家を出る。サイは大量の玩具、靴下ハンカチをいつかコドモエの付録でついてきた「ねないこだれだ」のプールバックにぱんぱんに詰めて登園。無駄に大荷物なので先生に笑われる。
夕方お迎え。冷蔵庫にかぼちゃが転がっていたので、かぼちゃのスープを作ったらサイは思いの他喜んで飲んでくれた。それから帰りにスーパーで買った「魚岸揚げ」も食べた。自分の分だけチーズを乗せた。サイと一人1個ずつにしたら美味しかったらしくサイはもっとくれと言い、私ももっと食べたかったので結局一人2個、4個全部二人で平らげた。カロリーが気になるが「魚岸揚げ」は美味しい。入浴後、就寝。Kは飲み会で不在。ああやっと週末が来る。


9月2日(土)
朝。梨とパン。外は雨だったのでサイを室内で遊ばせる。床にマスキングテープを張り線路に見立ててぬいぐるみを走らせる謎の遊びを開催したり、画用紙に絵を描いたりした。サイは形あるものを描く時もあるが黒で力任せに塗り潰すことが多く病んでいるのかと気になる。お絵かきにも飽きてきたようだったので、色画用紙を適当に切ってアンデルセンの犬とカエルのパン風なのと、中に挟むハムとかレタスとか具材を作ったところ、喜んでサンドイッチ屋さんをしていた。昼食はラーメン。サイはあまり食べず白いご飯がいいと言われる。昼寝。晴れてきたので洗濯。洗濯物を干すのが嫌で渋っていたらサイが昼寝から起きてしまったため、のろのろとサイの横で干す。大量の洗濯物。夕方、K帰宅。サイとKは公園と買い物へ。夕食は鶏肉と野菜のオーブン焼き、パン。サイはパンばかり食べてあまり野菜を食べなかった。久しぶりにワインを飲んだ。ビールばかり飲んでいたけど少し寒くなるとワインが飲みたくなる。夕食後、サイの機嫌はよかった。入浴後、就寝。


9月3日(日)
朝からしんどい。Kとサイは公園へ。後から追いかけて三人で公園でお昼。パンでも買って食べようかと言うとKが「朝も食べたのに嫌だ」と言って弁当屋に買いに行った。おにぎりとからあげを食べたがあまりすすまなかった。帰って昼寝。昼寝したら体調少し回復。夕方、さして買うものもなかったが散歩を兼ねてサイと近くのコンビニに行く。急ぐこともなかったので手をつないでゆっくり歩いた。サイは信号の横にある歩行者用押しボタンを何度も必死に押していた。実は昼間は押さなくても信号は変わるけど。それからいつもいる近所の猫達を観察して帰宅した。Kは野球を観に行って昼に出てから帰って来なかった。明日も食べられるよう挽肉と野菜でカレーを作った。サイはあまり好きでなさそうだった。入浴後、就寝。


一週間かけて楳図かずおの「漂流教室」全巻を読んだ。楳図先生が大好きで「わたしは慎吾」や「おろち」は読んだのに肝心の「漂流教室」を実はまだ読んだことがなかった。通勤電車やサイが寝た後読み進めたが本当に面白かった。楳図先生の漫画は怖い。怖いけどそれは人間の欲や狂気から来る怖さでお化けや心霊の怖さとは違う気がする。子ども達だけで盲腸の手術をするくだりとか、お母さんが未来にいる息子へ託すために死体の中に薬を埋めに行く所とか、冷静に考えたらかなりぶっ飛んでいる設定なのにあの画力で押し通してしまうから凄い。怖くて壮絶、絶望的で悲惨なのだけど可笑しい。可笑しいけれど大真面目。楳図かずお作品を読むとこんな私でも生きていていいんだなと少し思うことができる。いつかサイにも読ませたいなぁと思うけど絵を見てトラウマになったら困るので今は隠している。

瑞々しくて甘いから秋

8月21日(月)曇り 蒸し暑い
朝。起きたら食卓にKの出張土産が置かれていた。空港の免税店で買ったらしい大量の化粧品(頼んだのは二つなのに)と月餅と出張先に住む友達にいただいたという派手な子ども服一式。自分では絶対買わない感じの服だったので戸惑った。多すぎる化粧品にも違和感を感じた。喜ぶべきだろうが喜べなかった。一緒に入っていたレシートを見たら6万円分も買っていて本気でひいた。朝ごはんはパンとぶどう。傷み始めていたので美味しくなかった。サイもあまり手をつけない。子どもは正直。久しぶりの出勤&送迎。月曜日なので荷物が多くバタバタと家を出る。

夕方。買いたいものがありKにお迎えに行ってもらいデパートに寄る。駅構内の好きなビアスタンドで一杯だけ立ち飲みして帰宅。私と同じように何も食べず一杯だけ立ったまま飲んでいる女の人がいた。我がオアシス。ここがなくなったら困る。帰宅して挽肉と野菜を炒めて適当に味付けして、ごはんに載せた。自分だけ温泉卵も載せたらサイも欲しがったのでサイの分も作った。サイは卵がとにかく好きだ。あとソーセージ。美味しくできたのにサイは味が気に入らないのかほとんど残した。

Kに化粧品買い過ぎ、普段使わないものまで買わなくていいのにと言ったら「いくつあってもいいじゃん」とドヤ顔だった。お店の人に言われるがまま全部買ったらしい。「俺が買ってやった」感が顔ににじみ出ていて全然嬉しくなかった。私が一週間の食費をいくらまでにしようと考えていつもスーパーで買い物しているのが馬鹿みたい。Kは出張先で久しぶりに再会した友達がセレブになっていた、お手伝いさんがいる家に住んで家事は一切したことがないらしい、ポルシェに乗っていたと羨ましげに言っていた。その友達に影響されて感覚が麻痺して浪費したに違いないと思った。Kはいつも後先考えず行動する。こうしたらどうなるかとか何も考えない。全てその時の気分で行動する。帰省中、私が実家で大事な話をしてくると言ってあったのに出張後で舞い上がっているのかそのことについて一切聞かれなかった。呑気にも程がある。もし聞かれなかったら話さないと決めていたので話さない。入浴、就寝。サイはいただいた恐竜や火山がプリントされた主張が激しい感じのTシャツを気に入ったらしく、それを着て寝た。

8月22日(火)曇り 暑い 
朝。パン美人にもらった梨。瑞々しくて甘い。今年初めての梨。サイは去年あまり梨が好きじゃなさそうだったが今年は好きなよう。フォークで上手に刺して食べていた。メロンパンナちゃん(彼女)を抱いて登園。暑さで思考が停止してOLって感じの全く好きじゃないけど涼しいポリエステルのトップスにパンツで出社した。

夕方お迎え。玄関に行くと、休み前からあったメダカの水槽の横に新たにもう一つ水槽が置かれていた。覗くと体長15㎝ほどのウーパールーパーがいた。よく分からないが「リューシスティック おとうさん」というネームプレートがついていた。ピンクのひらひらしたエラがついた真白な「おとうさん」は水槽の中で動かずじっとしていた。水槽にそっと手を当ててみても微動だにしない。サイは初めて観るウーパールーパーをわりと長い時間不思議そうに眺めていた。めだかも赤ちゃんだったのが成長して大きくなっていた。共食いしたのか死んだのか数が休み前に比べると圧倒的に減っていた。サイになぜ少なくなったか聞かれ「たべられちゃったのかなー」と答えた。ふーんという感じだった。兄弟がいないから何か生き物を飼うのはサイにとっていいかもしれない。ウーパールーパー、飼いたくなってきた。

帰宅。K不在。夕食はイシイのミートボール、トマト、しらすと野菜のオムレツ。ピーマンを細かくしてオムレツに混入させたがバレて食べてくれなかった。夕食後、保育園で最近やっているというお医者さんごっこをした。めばえの付録の音が鳴る聴診器をつけたサイは私やメロンパンナを診察する。サイの診察によると私は病気らしく薬を処方してくれた。入浴、就寝。復活するはずが起きれなかった。眠気に勝てる強さが欲しい。

8月23日(水)曇り ありえないくらい暑い
朝。K午前休み。保育園送りを代わってもらう。不服そうだったが休みなのに行かないなんてずるいと思い行かせた。持ち物や設置する場所で何度も連絡がくる。何度もやっているのだから、しっかりしてほしい。連絡帳に何を書いたらいいか聞いてくる始末。そんなこと自分で考えろ。

夕方。お迎え。いつものようにこっそり窓ガラス越しに覗く遊びをしていたらサイは珍しく私に気が付いた。それから絵本を勢いよく棚にしまって飛んできた。機嫌がいい。今日もウーパールーパーの「おとうさん」を観察する。置物みたいに全然動かない。帰宅即シャワー。K不在。冷蔵庫にある野菜とウィンナーで焼き飯を作ったら混ぜご飯が嫌いなサイは白ご飯がいいと言ってウインナーだけ食べた。でもKの出張土産の月餅を見つけるとそれ食べたさに半ばやけのように完食した。月餅を半分個ずつ食べた。寝かせようとすると遊びたいと言われたため、「お布団の上で遊ぼうよ」と説得したらサイは最近玩具入れにしているヴィドフランスのパン屋の袋に色々詰めて寝室に持って行った。就寝。

8月24日(木)曇り
朝。サイがなかなか起きずぎりぎりまで寝かせていると全てがぎりぎりになった。パン美人にもらった桃。まだ早いかもと言われていたのに剥いてしまった。やはりまだ固く酸っぱかった。サイはそれでもほぼ1個全て食べた。時間がない時に限り、出際におもちゃを持って行きたいだの騒ぎ出す。無理矢理自転車に乗せて出発しても絵本持って来たかったのに~と泣き叫んでいた。これに乗らなきゃ確実に遅刻するという電車のドアが目の前で閉まったが運よく再び開いて飛び乗った。いい歳して恥ずかしい。
鬼怒川温泉で2歳の息子を河に落としてしまい探しに行った父親が死体で見つかったとのニュース。2歳の子は落下途中クッション的な何かに当たり無事だったらしい。でも無事かどうかは結果論で、落ちた時は助かるなんて考える前に飛び込んでしまうのだと思う。私でもそうしてしまいそう。夏はこういう水場関係のニュースが多く、子を助けようとした親が亡くなっていることが多いからその度に心が痛む。

夜。月一の大森靖子さん実験室。久しぶりに人がたくさんいるところへ行った。人とうまく話せる気がせずずっと下を向いていた。帰り際、階段にモルモットかと思うほど丸々太ったねずみがいた。齧歯類が本当に苦手。Gより苦手。居合わせた知らない女の子と一緒に気持ち悪がっていたら呼びこみ風の別のフロアのお兄さんがエレベーター使って下さいと親切に言ってくれた。地上に出て歩くと方向が分からなくなり迷子になった。歌舞伎町はどっちを向いても眩しくてにぎやかで文字だらけで何かのSF映画でそういう街あったなぁとぼんやり考えた。地図アプリをみても所在地がよく分からず、とにかく人が歩いている方向に歩いていったら新宿駅に辿り着いた。色々食べたのに急にお腹が空き最寄駅のコンビニでチキンと「秋味」というビールを買った。この時間は絶対太るし明日顔がむくみそうという罪悪感を感じつつ胃に収めた。


8月25日(金)曇り 呪いたくなる暑さ
朝。起きたら汗だくだった。クーラーがついておらず窓は閉め切られていた。やや寝坊。急いで朝ごはんの用意をするもサイは食べたくないと言うのでパンの横にグミとトーマスのクッキーをのせたら急に食べたがった。朝からお菓子を食べさせてしまった。「おやつ食べたことはお母さんとサイくんの秘密だからね」と言うと約束をする時のように小指を差し出してきた。「約束じゃないよ、秘密だよ」と言い口に人差し指を当てると分かっているのかいないのか嬉しそうにサイも真似した。それから目を細めて「いっこのめでみてるのー」と言った。数日前に私がウィンクの仕方を教えたのを覚えていたらしい。全然ウィンクになっていないのが可愛かった。
保育園に行くと「サイくん鼻血だいじょうぶでしたか」と聞かれる。連絡帳に鼻血が出たと書いてあった。私も火曜日の朝鼻血が出て一時間ぐらい止まらなかった。親子で同じ時期に鼻血が出るなんて不思議だ。気圧の問題か。

夕方、お迎え。ウーパールーパーが今日はいつもよりやや立ち上がっていて躍動感ある感じだった。サイに教えると興味深げに眺めていた。「うーぱーちゃん」と私が名づけたらサイもそう呼んでいた。帰り道、自転車に乗りながらサイとうーぱーちゃん可愛かったねという話をしていたら「うーぱーちゃんのかさほしい!」と言った。最近他の子が持っているのを見て傘を欲しがっている。あらゆる物が溢れる今の資本主義社会でもウーパールーパー柄の子ども用傘はないだろうなと思った。もう作るしか。「売ってるかなぁ」と聞くと「うってるよ!」と強気だったのでどこに売ってるか聞いたら「こんびににうってるよ」と教えてくれたので笑った。子どもの発言は何の根拠もないから面白い。

夕食は外で食べた。私は昼に中華を食べたから中華以外がいいと言ったのに中華が食べたいとKは聞く耳持たなかった。初めて入った中華料理屋は煙草臭く、料理は全てが塩辛かった。Kはがつがつ食べていたが私とサイはすすまなかった。Kだけ足りないもっと食べたいと言っていた。料理の感想以外に家族の会話はない。帰り際、広場で盆踊りをやっていたので立ち寄るとちょうどアンパンマン音頭が始まった。「小さい子は舞台に上がってください」と言う声と共にわらわら集まる子ども達。サイはあまり乗り気そうでなかったがKと一緒に舞台に上がったものの、あまり楽しそうでなかった。ご褒美として配られたおやつをもらって帰宅。入浴、就寝。


8月26日(土)曇り
朝。パン、トマト。朝食後、洗濯。昼、出発。Aちゃんとムーミンカフェに行った。サイはムーミンを知っているのか知らないのかよく分からなかったがムーミンスナフキンの巨大なぬいぐるみが巡回して来る(お店のお姉さんが定期的に動かして座らせる)ので喜んでハイタッチなどしていた。サイにはムーミンの顔型ごはんやにょろにょろのソーセージ、ハンバーグ、海老フライがついた豪華なお子様ランチを頼んだが、勢いよくソーセージを食べた後は止まってしまい好物のハンバーグにもあまり手をつけなかった。以前なら全部鷲掴みにしてがっついていたのに最近食欲が落ちた。落ちたというか普通になった。サイの大食漢を知っているAちゃんも驚いていた。食後、サイはベビーカーで眠った。Aちゃんとクレアーズに行き懐かしがったり、二人とも好きな感じの洋服屋をみたり、本屋に行ったりしているとサイが起きた。三人で楽しくお茶をしていたらKから「(まだ帰っていなくて)晩御飯どうする(つもりな)の?」という連絡が来たので帰ることにした。

ベビーカーを押したままサイとエレベーターに乗ろうとしたら(混んでいたのでAちゃんは階段で降りた)サイはエレベーターに一人で乗り込んだ後勝手に閉まるボタンを押してしまい、一人で入ったままエレベーターは行ってしまった。大変なことになったと思い、必死に階下に行くもエレベーターは上に行ったらしくサイはいない。慌ててまた上に戻ると知らない大人に付き添われ頬に涙の跡をつけたサイがエレベーターから降りてきた。私と目が合っても怯えたような顔をしていた。ああ、よかった。ごめんね、ごめんねと言い抱き締めた。ちゃんと手を繋がなかったから。サイを先に乗せるべきでなかった。猛省した。子どもといるとちょっと歯車の狂いでも大惨事につながる。例えばおもちゃの紐を首から下げたまま一人で乗ってしまい紐が扉に挟まって首が締ったら、とか考え始めると背筋が凍る。何事もなくてよかった。

Kに「今から帰る」と連絡したら「分かった」「今仕事終わった」などと連絡がきたのに会社を出た途端に急に気が変わったらしく、「1杯だけ飲んできたい」と言われた。飲みたいなら家で飲めばいいし、今まで1杯で済んだことがない。サイも会いたがっていたし許可しなかったらその後ぷっつりと連絡が途絶え、夕食が要るか要らないか分からないままご飯の時間になっても帰って来なかった。挽肉を味噌で炒めてそうめんにかけてジャージャー麺風にした。先にサイと食べていたら帰って来て悪びれる事もなく「ごはんはどこかな~」と言い、冷蔵庫にあると言うと喜んでご飯を食べ始めた。呆れた。なぜそういうことをするのかと聞いたら「自分がされても嫌だと思わないから」と言った。洗濯は朝やればよいからと言っても聞かず、洗濯していた。


8月27日(日)曇り
朝から機嫌の悪いK。冷蔵庫が汚いと言われた。賞味期限の切れたヨーグルトと数日前のごはんを入れていたためだ。来月大森さんのライブに行くと言ったら「祝日?はぁ?」とキレられた。大丈夫か確認してからチケット取ったのにどうしよう。一年に一回しかない誕生日のライブだと訴えても「そんなのどうでもいい」と言われる。好きな人の名前を出すだけで機嫌が悪くなるので普段は名前を口に出さないし曲をかけることさえしない。楽しみにしていたばかりに落ち込んだ。昨日洗濯したからしなくていいねと言うとこれ洗いたい、あれも洗いたいと洗濯狂は許さなかった。洗濯の前に天気を確認したいとKがテレビをつけたら、サイは主電源を消した。消すのには理由があるかもしれないのに、大人気ない態度でサイにキレるK。泣きそうな顔のサイ。八つ当たりされて可哀相。Kに謝らせサイを公園へ連れて行ってもらう。洗濯、片付けなど。

お昼にサイと二人で実家から届いたアンデルセンのどうぶつパンにハムや卵を挟んでサンドイッチにして食べた。カエルと犬のパン。可愛くて美味しい。二人で楽しく食べた後、昼寝。私も少し眠った。起きて、何となく食べ足りなかったからカップラーメンでも食べようかなとお湯を沸かしていると大森さんのライブがインスタにて中継されると知る。観ている途中でサイが起きたので中断し最後の方を一緒に観た。おやつにゼリーを食べた後、サイと二人で大森さんのライブ映像を流しながらペンライトを振りつつ歌って踊るという遊びをした。サイは帰省時に買ってもらったおもちゃのマイクとくまのぬいぐるみを持ち出して必死に大森さんの真似をしていた。

夕食はアボガド鮪しらす丼。サイ用に漬けた鮪を焼いた。ちょっと食べたら美味しくサイも美味しかったようで一気に食べていた。Kはごはんと具をぐちゃぐちゃに混ぜて食べていてうんざりした。いつもどんなものでもぐちゃぐちゃに混ぜ、色んなものを口の周りにつけ、ついていると指摘すると舌で舐め取る。食べ終えた皿はサイより汚い。いつもできる限り見ないようにしているがぞっとする。どんなタイプの人でもまあまあ我慢できる方だと思うが、食べ方が度を越して汚い人は本気で気分が悪くなる。入浴後、就寝。


どこかで人生の選択を間違えたような気がしてずっとそのことばかり考えている。そうしているうちに秋が終わって冬になりまた春が来るのだろう。